>  > ダルい。それは風俗しかない

ダルい。それは風俗しかない

ダルい時には風俗に行く。これは自分の中で定番となっています。むしろそれが一番のような気がしますよね。なぜなら風俗はとにかく気楽だし女の子と一緒の空間にいるだけでダルさを忘れてテンションも高まるし無意識の中で楽しもうって思えるようにもなるんですよね。本当に不思議なものですけど男にとって風俗がというよりも女の子の存在は特別じゃないですか。その特別な存在と一緒に居る。しかも二人きりでお互いいろいろなことを楽しめるとなれば、テンションが高まってダルい気分が吹き飛ぶのなんて当たり前なんじゃないかなと思いますけどね。それもあって自分の中で風俗は割と重宝させてもらっています。何せダルい時は他に気分を解消する手段を知りません。自分がもっとアグレッシブな人間なら他にもいろいろな方法があったのかもしれませんが、少なくとも自分にとっては風俗だけなのでやる気が出ないとか、何となくダルい時には風俗に行って「喝」ですよ。

あれはイリュージョンでしょう

まさに彼女のテクニックはイリュージョンだなと。幻想的というかある意味ではアートというかとても上手だったのはもちろんですけど、それだけではないんです。的確だったんです。風俗は偉そうで申し訳ないですがサービス業じゃないですか。風俗嬢がお客を満足させるためのものだと思うんですけど、どうやって満足お客が何を求めているのか。その需要と供給のマッチングこそ風俗の肝。これは女の子だけじゃなく男だって自分で選べる以上、ある程度は自分の責任で女の子を選ぶべきだと思うんですけど、テクニシャンとして紹介されていたWちゃん。彼女は間違いなくテクニシャンです。しかもただ上手なだけではなく、男が喜ぶ上手さを持つ女の子だったんですよね。そこに感動しました。しかも当たり前のようにこなしてくれたんですよね。きっと彼女、その日には隠していた凄い技がまだまだたくさんあるんじゃないかなと。次も期待出来るんじゃないかと思わせてくれる女の子でした。

[ 2016-08-09 ]

カテゴリ: 風俗体験談