>  > チャンスが急にやってきたんです

チャンスが急にやってきたんです

風俗を利用するチャンスがまさに「急に」やってきたんですよ。既婚者、しかも子供がいる身としては好きな時に風俗には行けません。むしろ風俗は我慢しなければならない日の方が多いんですよ。それこそ風俗という考えそのものを持たないようにしなければならないとも思っているんですけど、そうは言っても男である以上、どうしても行きたい気持ちになってしまうのも一つの事実なんですよね。それでこの前行ってきたんですよ。それはさっきも言ったようにタイミングが揃ったからこそですよ。子供と妻が実家に帰ったんです。…喧嘩とかではないですよ?(笑)たまに実家に泊まりに行くんです。そこは向うの親としても孫の顔が見たいってことでしょうしね。それで泊まりに行ってくれたので一人。そんな時こそ風俗のチャンスですが、更に言えば丁度給料が入った後くらいだったのでお小遣いにも余裕があったんです。こういった絶好のタイミングに利用しない訳にはいきません。

貧乳も魅力的だと思った

はっきり言うと、彼女の裸を見た時ある種のショックではありました。貧乳だったからです。フリーで入った以上文句は言いいませんが、それでも男心として貧乳は…って思いがあったんですよね。でもそうじゃなかったんです。これまで風俗ではいつも巨乳だっただけに、いわば貧乳が食わず嫌いみたいになってしまっていたんですよね。でも実際に貧乳風俗嬢のRと楽しんでみて、貧乳は決して悪いものではないのかもしれないなって思うようになったんですよ。むしろまず体が綺麗に見えますね。スレンダーボディは嫌いじゃないんですけど、貧乳ってことでスレンダーっぽく見えるんです。これは貧乳ならではなメリットでしょう。更に言えばそれだけじゃなかったんです。むしろそこからが魅力というか、感度の良さです。これは貧乳ならではかもしれません。揉んで楽しめないものの反応をみる点では巨乳以上のものがあるんじゃないかなって思ったんです。だから思っていたより良かったです。

[ 2016-07-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談