TOP

悪夢のような風俗嬢と出くわした時の体験談です…

一生懸命な姿勢とテクニックをもつソープ嬢でした

人の心を動かすもの。それはいろいろとあるとは思いますが、自分は一生懸命な姿勢だと思うんですよ。ソープでもそうだと思うんです。でも一生懸命な姿勢と共に、テクニックまで兼ね備えていたのが前回大宮で相手してくれたRちゃんでした。
彼女はテクニック抜群のソープ嬢。そして一生懸命。つまりは男がソープでそそられるシチュエーションを自ら作り出せる女の子だったんですよ。一生懸命ってだけで「自分のためにここまで…」って気持ちになるじゃないですか。そして単純にテクニシャンということで満足も出来る。本当に彼女のようなタイプを指名出来て大満足ですよ。
特に圧巻だったのはフィニッシュ直前でしょうか。それまでは割とねっとりとしたテクニックだったんですよ。快感を胸の奥に刻み付けるかのようなテクニックだったんですけど、最後に関しては勢い重視。でも勢いに任せているようでポイントは決してずらさない…。相当な腕前を持つ女の子ですよ。まぁ今だからあの日のソープを冷静に振り返られるんですけど、やっていた時はお互いひどいものでしたね(笑)

大宮でソープを初体験した衝撃が未だに残っている

ソープは風俗の中でも王道というか、きっと多くの人が特別って思っているジャンルなんじゃないですかね。自分もそうなんです。ソープは別格。そんな気持ちだったんですけど、その気持ちが強すぎるのと他のジャンルと比べると少々高いのもあって今までソープには行ったことが無かったんですね。
でも先日、ようやく大宮でソープのデビューを果たしてきました。ソープと言えば女の子と一つになれる風俗。自分の中ではそのイメージしかなかったんですけど、これは間違いではないものの、正解とも言えないというか決してそれだけではないんですね。他にもいろいろな形でこちらを満足させてくれるものなんだなってことに気付かされたんですよ。
例えば腕を相手の股間に入れてくれるプレイ。これは他の風俗ではなかなか見かけないものなんじゃないですかね。他にもそういったことがたくさんあったので、ソープには様々な「初めて」があったんです。だからこそ未だに衝撃が残っているんです。